So-net無料ブログ作成
検索選択

竹田城跡と八反の滝 [日々のこと]


今年の遊び納は12月30日午前5時に自宅を出発。


IMG_2998.jpg
南に月を見ながら走ります。
走りながら月を撮ります。




IMG_3008.jpg
兵庫県朝来市和田山町にある“竹田城跡”を撮るために
円山川の対岸の立雲峡を目指します。
立雲峡は桜の名所で、駐車場からは桜の木が邪魔をして
竹田城跡を撮りにくいのでそこから歩いて登りです。




IMG_3013.jpg
雲海(霧)が発生するには3つほど条件が揃わないとならないのですが
今回は天候に恵まれましたが冷え込みが足りないよう…。
とは言ってもー1℃。 寒い。




IMG_3020.jpg
それにしてもここまで霧がないとは(トホホ)。




IMG_3028.jpg
7:10
日の出は7:09ですが東の山が高いので竹田城跡にまだ日が差さない。




IMG_3037.jpg
7:19
やっと城に日が当たった。




IMG_3051.jpg
7:34
撮りながら山を登り続ける。
竹田城跡が標高353.7mだから結構な登山だわ。




IMG_3042.jpg
第二展望台を少し過ぎた所でUターン。
この山は岩がゴロゴロで、整備された登山道でも滑る滑る!
滑ってコケているのは意外にも若い女性。それも何人も。




IMG_3059.jpg
下りで撮った水平位置の竹田城跡が私は好きかな。




IMG_3060.jpg





IMG_3050 (2).jpg
トリミング
せっかく早起きして行ったのに、雲海に浮かぶ城をお見せできなかったので
天空に浮かぶ石。
…なにか?




山を降りたところでまだ8時。
暮れも押し詰まった30日とはいえ、このまま帰るにはちと惜しい。

IMG_3086.jpg




IMG_3082.jpg
と、神鍋高原へワープ!!




IMG_3092.jpg
ニュースで知っていたけど本当に雪が無いね。




IMG_3099.jpg
冬景色ではあるけどスキー場に地肌が出ていてスキーが出来る状態ではない。
[凍結注意]の看板が虚しい。




IMG_3103.jpg
4年前の神鍋は豪雪で、道の両側に寄せられた雪が高い壁のようになっていて
巨大迷路の中を進んでいるようだったことを思い出した。




目指したのは神鍋溶岩流の中の“八反の滝”。

IMG_3108.jpg
あそこまで降りていきます。マジで。




IMG_3113.jpg
ツルリンドウ




IMG_3116.jpg




IMG_3117.jpg




IMG_3120.jpg




IMG_3122.jpg




IMG_3123.jpg




IMG_3133.jpg
八反の滝
落差24m
季節的に水量が少ないみたい。



ここからは猫の”八反の滝”自己満足の世界。

IMG_3136.jpg




IMG_3140.jpg




IMG_3145.jpg




IMG_3152.jpg




IMG_3181.jpg






IMG_3196.jpg
木の根階段を滑らないように気を付けて気を付けて。




IMG_3198.jpg
苔の胞子囊




IMG_3202.jpg
冬イチゴ




IMG_3205.jpg
手すりを取り付けていてくれてとてもありがたい。
だって手すりの右が道なんですよ。




IMG_3207.jpg
上の道に帰ってきてもう一度パシャッ!
八反の滝は観光エリアから少し外れているせいか
良い自然が残されていて、かなり猫好みでした。




山道がきつかったと言うより、滑るので足に力を入れていて
あちこちが痛い。
明日はお台所に立つのが無理かも。。。
お節料理をどうする?・・・って誰に訊いてるのやら。







共同浴場 [鳥]

IMG_5492.jpg
メジロ

二羽の関係は親子?夫婦?友達?
撮ったのは1月23日。
ガラス越しなのでボヤけていますが至近距離です。
今年も水浴び場をとっくに用意してあるのに
お客様がまだ来てくれません。
気温の高さが影響しているのでしょうか。



来てくれないのならと、こちらから修法が原池まで会いに行ってきました。

IMG_2956.jpg
ホオジロ




IMG_2964.jpg
ホシハジロ




IMG_2980.jpg
エナガ




1451043743pd8PLeyIOd0bcMb1451043742.gif
シジュウカラ


暖かい冬のおかげで虫が最近まで活動していたので
鳥たちが食べるものに困っている様子はなく
人の近くまで下りてくるのは遅くなりそうです。


レンズは70-300mm使用。
トリミング無しです。






神戸市北区 石峯寺 [日々のこと]


神戸市北区 石峯寺(しゃくぶじ)
薬師堂・三重塔が重要文化財
三重塔は室町時代建立で、当時の三重塔としては最大級



北区は神戸市の中で面積のほとんどが農村と山林。
ここをかなり走り回っているつもりでしたが
まだまだ奥深い。
今回は651年開山とされている石峯寺を訪問しました。





いきなり本堂の前から

IMG_2888.jpg
柱の上部の装飾




IMG_2890.jpg
真下から見上げると動物のお手々?




IMG_2892.jpg
引きで撮ったら獅子?




IMG_2893.jpg
柱から横に突き出したこの装飾部を“木鼻”と申します。
建立時には極彩色が施されていたはず。




IMG_2895.jpg
ツツジの紅葉を手前に持ってきて、鐘楼を彩色。




IMG_2925.jpg
暖かいので平戸ツツジが咲いていました。






IMG_2899.jpg
三重塔




IMG_2911.jpg
九輪と水煙




IMG_2914.jpg
風鐸






IMG_2922.jpg
寺域で殺生は禁物!
そっと掴んだ雪虫は手が冷たいので元気に歩き回っていました。




IMG_2922 (2).jpg
トリミング






IMG_2936.jpg
山に囲まれて昔々を思い起こさせてくれるような門前の田んぼ。
門前と言いましたが、仁王様が立っている門は
ここよりずっと南にあり、往時はかなり広い寺域だったようです。




IMG_2931.jpg
レンゲ



IMG_2886.jpg
スミレ



IMG_2929.jpg
ノゲシ

そこに季節はずれの春の花が咲いていて、
ホワ~ンと常春の郷でした。




IMG_2933.jpg
ハルジオン







妙見山日光院 春 [日々のこと]


前記事で紅葉日光院をご紹介しましたが、
春に初訪問していました。
今回は記事にしそびれていたその時の写真をご覧下さい。



IMG_7723.jpg
境内のケヤキの大木




IMG_7726.jpg





IMG_7728.jpg





IMG_7735.jpg
白い花はシャガ




IMG_7742.jpg
赤い花はモミジ




IMG_7786.jpg




IMG_7791.jpg





IMG_7810.jpg




IMG_7837.jpg









妙見蘇武林道 [日々のこと]


 閑に慣れ だらりだらりと 猫なでる   招き猫



某日、お天気があまりに良かったのでふらりと出かけ、
帰宅してからその日が眼科予約の日だったことに気づきました。
「えらいこっちゃっ!」と他日に順番を取って受診してきましたが
その時Dr.が「忘れたら困るねえ」とおっしゃったので、
「予約日は忘れてもお薬は忘れてません」と言うと
Dr.のご機嫌が良くなりました。
転んでもめげない招き猫です。




IMG_2602.jpg
コスギゴケの胞子嚢



写真はそのふらりと出かけた先で撮ったもの。
11月30日の妙見蘇武林道と妙見山日光院です。



IMG_2604.jpg





IMG_2606.jpg





IMG_2611.jpg

山では鹿を2回、計6頭見ました。
鳴き声も初めて聞きました。
食害のこととか考えなければいけないのでしょうが
それはそれとして、白いお尻がピョンピョン跳ねる様子は
たまらない可愛さ。



IMG_2616.jpg
ブナ林 ただし植林。




IMG_2625.jpg
桜の木に絡みついたセンニンソウ
白い綿毛が遠目に桜の花!?




IMG_2629.jpg
コナラ




IMG_2652.jpg
妙見山日光院




IMG_2643.jpg





IMG_2656.jpg




訪ねた4日前に初雪が降り、標高の高いところには雪が少し残っていました。
見晴らしの良い林道で、何度でも来たい道。







忙中閑あり [日々のこと]


 忙中に閑ありて猫撫でる   招き猫


IMG_2007.jpg

美味しい喫茶店を見つけました。
しかし、高い。
おすすめのコロンビアブレンドコーヒーが720円。
大倉陶園のカップに淹れてくれなくていいから
せめて100円安くして欲しい。(細かっ!)




 余談の余談
全国の紅茶の消費を比べると、金額では横浜が一位。
量では神戸が一位。
神戸っ子は安い紅茶を日常的に飲んでいることになるそうな。
我が家でも大きい缶入りの茶葉があると2~3缶購入。
…我が家では、と言っても飲むのは私一人で、夫は尼崎っ子で玄米茶派。
なのでコーヒーはたまにしか飲みません。
だからこそ美味しいのが飲みたいんですよ。





武田尾 [日々のこと]


12月13日は正月事始め。
何から始めようかな~。
宝塚は家から遠いから体調の良い日に済ませておくべきだな。
ということで、お墓の掃除に宝塚まで行ってきました。

写真霊園を後に、K33を北に向かうところから始まります。



IMG_2743.jpg


曇り空のうえにフロントガラスを拭き上げていないので
助手席から撮った写真は曇っていてかなりお恥ずかしい。
レンズは春からメンバーになったEFS18-55mm



IMG_2744.jpg




IMG_2746.jpg




IMG_2750.jpg





IMG_2752.jpg
K33を武田尾方面にそれると道は細くなりました。
上は工事車両用道路。



IMG_2756.jpg
ここから工事現場を左に見ながら進みます。




IMG_2757.jpg




IMG_2758.jpg




IMG_2762.jpg
工事現場ってワクワクします。





IMG_2765.jpg
大きな工事現場を過ぎると次は道路改良工事中。



IMG_2766.jpg
重機を山の色とコーディネイトさせてるのね。
おしゃれね~。




IMG_2767.jpg




IMG_2768.jpg
南方向を見れば、ずいぶんと山の奥まで来たようですが
宝塚市の真ん中辺りです。




IMG_2769.jpg
下調べもせずに車中で地図を見て武田尾に来ました。
武田尾は武庫川に沿った山あいの小さな温泉地です。




IMG_2771.jpg
この暗いトンネルは車で通れそうですが、
手前にある矢印は何?




IMG_2772.jpg
お~! まっすぐに進めません。
曲がり角のあるトンネルなんて初めて!




IMG_2773.jpg
対向車に会わずに無事にトンネルを抜けられました。
吊り橋は渡らずに右岸を行きます。




IMG_2775.jpg
下調べをしてこなかったので、どこへ向かったら良いのやら…。




IMG_2781.jpg
足湯のある駐車場に車を置いて、




IMG_2784.jpg
モミジを撮りました。




IMG_2794.jpg
鳥を観察していた人から「ここから上流に歩いても何もないよ」
と教えられ、




IMG_2797.jpg
山の木々などを撮って、




IMG_2810.jpg
またあのトンネルを通って引き返します。




IMG_2812.jpg
JR福知山線 “武田尾駅”




IMG_2817.jpg
通り過ぎてから太いパイプが気になって、テクテクと戻って撮っていたら
JRの車両が駅に着きました。

お断り無く写してしまったお二人様、ごめんなさい。




IMG_2821.jpg
太いパイプの下に[神戸市水道局管理用地]の看板がありますが
ここは宝塚市で、対岸は西宮市です。




IMG_2823.jpg
パイプは水道管のようですが、フェンスの奥はどうなっているのかな。
ああああ、気になる~ぅ。




IMG_2826.jpg
花は小さくて可愛いのが好き。
構造物は大きな物ほどワクワク。




IMG_2827.jpg
武田尾駅からJRと阪急バスが同時に発車。
バスは宝塚市の北部“波豆川”行きです。




IMG_2829.jpg




   

武田尾から先に道が伸びていないので
同じ道をK33に向かって戻ります。

IMG_2832.jpg





IMG_2842.jpg
今度は車から降りて撮りました。
すごく、すごく大きな足場なんですけど、
近寄れないので「大きい~!!」って感じが撮れていない。




IMG_2850.jpg
天空に浮かんでいるようなあの途中まで出来た道路は
どうやって伸ばしていってるんでしょうね。
一日でどれぐらい伸びるんでしょうね。
ずっと見ていたいんですけどね。
いくらヒマでもダメでしょうね。


これは“新名神高速道路”の建設工事でした。




IMG_2862.jpg
西谷の森公園の近くで釣り堀を見ながら昼食。




IMG_2864.jpg
天ぷら定食とトンカツ定食。
良い歳をして揚げ物好きな夫婦




IMG_2867.jpg
お店の前の三叉路の上の電線が日本的過ぎる。




このあと、三田のJAに寄ってお正月用の寄せ植えを買いました。
お正月の準備二つ終了。







里山でマクロレンズ [散歩]


先日の暴風雨、神戸ではルミナリエの電飾が倒れるわ、
建設工事中の足場が倒れてJRが止まるわで大変なことでした。

その前日12月10日、いつものように近くの山を散策してきた写真
季節外れの嵐を前にした山の様子になりました。



IMG_2668.jpg

何を撮ろうという目的が無い散歩の場合、
重いカメラバッグを持たずに一眼一つを首に下げて歩くのですが
さて、そのレンズを何にしようかといつも悩みます。

花や虫ならマクロレンズ。
景色なら広角。
鳥がいたら・・・。
悩んだ末に100mmマクロを着けて行きました。

上の写真は広角レンズで撮るところをマクロレンズで撮ったので
距離が圧縮されてしまっていて不自然感がありますが
それを承知で撮らずにはいられなかった初冬の山。





IMG_2677.jpg
センニンソウの種(実)
マクロレンズが得意とするのはこんなふうに寄って撮りたいとき。


IMG_2676.jpg
トリミング
仙人の髭というより鳥の羽のように見えます。





IMG_2693.jpg
葉だけでは何の木か分からないけど、
これは実がついているから調べやすいわ。
と想って撮ったら、これは落ちてきた実が枝に引っかかっていただけ。
実はハンノキかな。




IMG_2727.jpg
山に赤い彩が少なくなっていましたが
足元にあったのはモミジイチゴの紅葉
若芽・花・実、そして紅葉まで楽しませてくれて「ありがとう」な
バラ科の落葉低木です。






あ、秋が残ってた!

IMG_2729.jpg
セイタカアワダチソウ



IMG_2723.jpg
ハキダメギク

この二つは外来種。
異国に来てもたくましく生きる種は
季節の変化もものとはしないのね。




あらら、春がいた!
自生種もたくましい。

IMG_2718.jpg
オオイヌノフグリ
顔に気合が入っていますよ。



IMG_2705.jpg
ハコベ属のウシハコベ

ハコベの仲間は違いが分かりにくいから“ハコベ”でいいか…。
と思いつつも、ちょっとだけ検索してみたら
雌シベの先が5つに割れているのが特徴のウシハコベにヒットしました。
撮りながら「雌しべの先が可愛いな」と観察していたのが良かったのね。
いや~ぁ、春になったらハコベの面白さに夢中になりそう。




ハコベの写真にウレシイおまけが付いていましたよ。

IMG_2710 (2).jpg
(トリミング)
アブラムシのような虫。誰かな?
また調べ物を見つけてしまったではないか。。。







十両ぐらいが分相応 [日々のこと]


昔々、今住んでいる地に来てからのある日、
近道をしようと山の中へ入ると
足元に小さなヤブコウジが実をつけていました。
それまで鉢植えのヤブコウジしか見たことがなかったので
ちょっとした感激でした。



IMG_2534.jpg
神戸市北区 再度山で

今はヤブコウジが生えていそうな場所の見当もつくようになり
「早く年賀状用に撮りに行かねば」などと思っています。





IMG_2378.jpg
豊岡市日高町で
こちらはツルアリドオシ




IMG_2377 (2).jpg
二つの花の基部が一つになっていて、そこがふくらんで実になるので
一つの実に花の跡が二つ付いています。




「千両万両ありどおし」と言われ、お正月の縁起物の寄せ植えにされますが、
贅沢に縁のない我が家には別名“十両”のヤブコウジが分相応。
それが有り通し(アリドオシ)なら十分でございます。







晩秋または初冬 [散歩]


11月24日の夕方散歩は今年最後の紅葉狩りかも。


IMG_2498.jpg
だって木の芽がもう毛をまとって冬支度をしているんですもの。






IMG_2513.jpg




IMG_2514.jpg




IMG_2516.jpg
蜘蛛と風が織り上げたアート作品は
ぜひ皆さんに見ていただかなくっちゃ。





IMG_2551.jpg
舞妓さんの“かんざし”





IMG_2540.jpg
光のあるとき




IMG_2539.jpg
ないとき






IMG_2556.jpg
また風がブワッと来てモミジの葉が少し浮き上がてしまった。




IMG_2567.jpg
風が乱した萩の細い枝





IMG_2576.jpg
どこを撮っても赤いドウダンツツジなら、いっそ全部赤で撮ろう。


花に会えなかった散歩道。
もう冬?






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。