So-net無料ブログ作成

虫と外来植物いっぱいの河川敷 [花と虫]

IMG_5010.jpg
ホソヒラタアブ




八重桜を撮ったあと、近くの加古川河川敷へ下りました。
河川敷というと外来植物のたまり場。

IMG_5004.jpg
オオカワヂシャ




IMG_5035.jpg

IMG_5040.jpg
ヘラオオバコ



菜の花に似た西洋カラシナやハルジオン、シロツメクサなど
帰化植物を数え上げればきりがありませんが、


IMG_5113.jpg
これ、ご存知ですか?



IMG_5112.jpg
地面からいきなりニョキニョキと生えてるんです。
見るからに異星生物…じゃなくて外来生物。
ハマウツボ科のヤセウツボと言いまして、
葉緑素を持たない寄生植物。
外来生物法により要注意外来生物に指定されているんですって。
この写真では周りにシロツメグサの葉が見えているので
その根に寄生しているのでしょう。




IMG_5093.jpg
そしてチューリップも。
これも外来種に違いありません。
一個の球根がコロコロと転がってきて、ここに根を下ろしたのでしょう。
チューリップが河川敷いっぱいに咲いていたらステキでしょうね。

以前にここで見たチューリップの小型のような花のアマナは
伸びてきた他の草に埋もれてしまったのか
葉を見つけることも出来ませんでした。





次、虫に行きま~す。

私の経験からですが、春の虫は怖くないので見て下さいね。
(どれほどの経験があるんかい!?)


IMG_5050.jpg
バッタの幼体(同定出来ず)




IMG_5098.jpg
ヒメギスの幼体
どちらもたくましい太ももをしていますね。




IMG_5091.jpg
隠れているんですか?




IMG_5089.jpg
見えているんですけど。




IMG_5116 (2).jpg
(トリミング)
タンポポの花の上から跳んできたこの子、
触覚や脚に付いた花粉は分かるけど、
頭に乗せた花びらはな~に?




IMG_5058.jpg
チュウレンジバチ




IMG_5106.jpg
ヤマトシリアゲ



IMG_5061.jpg
マンガ“魔法使いの嫁”のエリアス。




IMG_5064.jpg


IMG_5065.jpg


IMG_5069.jpg


IMG_5070.jpg
ナミテントウ




IMG_5109.jpg
ナナホシテントウ




IMG_5104.jpg
カラスノエンドウの花とヒメギスの幼体の大きさ比べ。
ヒメギス、負けています!




IMG_5124.jpg
まだ4月だというのにベニシジミの翅がボロボロ。
越冬したのかな。




IMG_5141.jpg
ホソヒラタアブが吸蜜しているタンポポは
外来種ではなく自生種の関西タンポポ。
河川敷に自生種が生えてるのがちょっと不思議。
そういえばカラスノエンドウも自生種だったな。




IMG_5143.jpg


IMG_5145.jpg
クロハネシロヒゲナガ
名前の通りの蛾。
長い触角を風のままにふわふわとさせながら飛ぶ姿が優雅で
追いかけて追いかけて、やっと撮りました。




IMG_5158.jpg
ヘラオオバコの花穂の上に止まるコガタルリハムシ クワハムシ




ウグイスがやかましいほどに鳴き交わす中で虫を追いかけて撮る。
ああ、本物の春だ。。。






八重桜お花見 [花]


IMG_4936.jpg




少しネットの中をウロついている間にも、熊本地方を中心とした
余震の情報が次々と更新されます。
そこにおられる方々はどんなに不安なことかとお見舞い申し上げます。
こんな時、私たちは一緒になって不安がったり、自粛したりしないで
各自が出来ることをした上でいつもどおりに生産と消費を続けることが
自然に被災地への支援になるのではないでしょうか。
そうなるように願っています。





雨がパラつく4月18日に小野市加古川沿いの“やなせ園”へ
遅咲きの八重桜を見に行ってきました。


IMG_4988.jpg
どんよりと曇った空、平日だし。
それでも多くの老人男女(注:老若男女ではない)が
お花見を楽しんでいます。




IMG_4925.jpg
こんな日の桜は空を入れずにハイキーに。





IMG_4923.jpg
前日の風雨で花びらがだいぶん傷んでいるので、
これくらいピンボケが良いかな?




IMG_4929.jpg
いやいや、ピンボケはアカンでしょう。




IMG_4945.jpg
ほな、これでどうです?




IMG_4949.jpg
同じ花を撮った中で、夫はこちらの方が良いと申します。
好みの合わない夫婦です。




IMG_4951.jpg
中を取ってこれくらいでどうでしょう。




IMG_4959.jpg
この桜は優しい色ですね~。
“八重紅大島”というそうです。




IMG_4982.jpg
後ろで女の人二人が桜を撮っています。
それも入れたくてf値を7,1にしました。(ほとんどのf値は5.6)




IMG_4976.jpg
こちらは空も入れたくて、明るくするために測光点を暗い所に合わせています。
実はこの明るさを得るためにかなりのボツを作ってしまいました。




IMG_4983.jpg
遠景・中景を撮ってもパッとしないお天気だったので
重箱の隅をつつくようなマクロ撮影ばっかり。




IMG_4985.jpg




IMG_4999.jpg IMG_4998.jpg IMG_4997.jpg ここまで寄ると何の花か分からないですね。 IMG_5023.jpg 黄色い桜 “黄桜(うこん)” 今年は桜の開花が不順でした。 来年は桜の大木を遠景でゆったりと撮りたいです。 地球上の様々なことが平穏でありますように。。。

男前メディチ [マイブーム]



image-20160416153152.png
キャンソン紙にハードパステルでデッサンしたメディチ胸像(通称)
私好みの男前に描けました。





image-20160416153437.png
これがモチーフの石膏像。
ミケランジェロ作
ジュリアーノ・デ・メディチ
ルネサンス期のイタリア・フィレンツェにおいて台頭したメディチ家の息子。
政治に励むよりも芸術を好んだ華やかな文化人だったそうです。
そのせいか、ちょっと優男に見えます。
やっぱ男なら私がデッサンした絵の方がステキだわ。
・・・て、デッサンってそんなもんだったっけ?








まだまだ蕾 [花]


新年度に新学期にG7。
なにかと忙しくしておりますが、たまにはお山に行かなきゃ
ストレスが溜まるし、花が終わってしまう。
…てなことでいつもの稚子ヶ墓山のふもとを歩いてきました。




IMG_4667.jpg
これな~んだ?
ムベの花 アケビ科ムベ属

天智天皇がこの実を食したときに
「むべなるかな(もっともなことだ)」と言ったので
「宜」がそのまま名前になったと言われているあのムベです。



IMG_4672.jpg
アケビと同じく雌雄同株ですが、これは雌花かな?

広~い山の中を歩いていて、名前は知っているのに
今はあまり見られない花に会えるととてもウレシイ。




IMG_4674.jpg
葉と蕾が同時に出てきたサルトリイバラ。




IMG_4678 (2).jpg
ちょっとほころんでいる蕾を見つけてトリミング。
花は小さな小さなユリのようで、今はサルトリイバラ科ですが
以前はユリ科だったんですよ。 むべなるかな(´・ω・`)




IMG_4686.jpg




IMG_4695.jpg
モミジイチゴ




IMG_4692.jpg
古い道路のコンクリートのすき間にスミレ。




IMG_4699.jpg
この子誰だ?
クマバチの仲間かな? ハズレ


IMG_4699 (2).jpg
トリミングすると眼がハエかアブの感じなんですけどね。
アブの仲間を画像検索してもなかなかヒットしない。
アブとハチのサイトを行ったり来たりして、分かるまで2日かかりました。
ビロードツリアブ ハエ目ツリアブ科

写真1枚アップするのに2日もかける?
かけますよ。
だってふかふかの毛が少し乱れていて寝グセがついてるみたいで可愛いから
気になるじゃないですか。

成虫は春にのみ現れると書かれていて、
それが画像が少なかった原因ですね。




IMG_4733.jpg



IMG_4756.jpg



IMG_4766.jpg
ハナイカダの雄花も雌花もまだ蕾。




IMG_4752.jpg
おっと、この蜘蛛もまだ幼体。
ウロコアシナガグモ




IMG_4770.jpg
アケビの花はまだまだ蕾。
開花は5日後かな?1週間後かな?
また行かなくちゃ。
忙しいのに。。。











この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。