So-net無料ブログ作成

水仙、咲いてるかな? [散歩]

梅と同じ頃に咲くこの花な~んだ?

IMG_7463.jpg




ビワの花。


IMG_7463 (2).jpg
(トリミング)
ビワの実についているモフモフの毛が花にもついてます。




IMG_7469.jpg
ミドリハコベかな? コハコベかな?




IMG_7477.jpg

お天気がとても良かったので、ゴソゴソとコタツから抜け出して
北区の衝原湖のサイクリングロードを散歩してきました。




IMG_7478.jpg
コウモリ谷から衝原湖に流れ落ちる細い滝を橋の上から撮りました。
向こうの崖に撮っている私が映ってる。
クッキリと映っているので手すりつきの道があるように見えるけど
向こうは崖。




IMG_7482.jpg
日差しに促されて山が少しづつほころんできてる。
この道は旧県道85をサイクリングロードに改修したんじゃないかな。







IMG_7483.jpg
300mmで撮れる距離にジョウビタキの雄が止まってくれた。





IMG_7494.jpg
“紋付の羽根”を見せてくれる。




IMG_7498.jpg
もう少し手前の枝に来てくれた。




IMG_7499.jpg
そして小首をかしげてくれる。
おばちゃん メロメロ~♡



IMG_7503.jpg




IMG_7507.jpg

ああ、たまらない。。。





IMG_7511.jpg
大王松の松ぼっくりを拾った。



IMG_7516.jpg
形が良いので持って帰ってデッサンしようと思ったけれど
大王松の松ぼっくりにはトゲがあって、握っているとトゲが刺さった。
痛~い。
惜しかったけど持って帰るのをあきらめた。




IMG_7515.jpg
道端に植えられていた水仙。




IMG_7536.jpg


この道出会った人たちの多くがなにかしら話しかけてくれました。
長い冬から解放されるような良いお天気に
皆さん、ウキウキしてたのかな。





もうすぐ「パステル画講座生徒作品展」 [日々のこと]


もうすぐパステル画講座の生徒作品展です。
どれがいいかにゃ? と悩んだ末に人物画2点を候補に挙げ
事前に先生に見てもらって決めていただきます。


IMG_7370.jpg
これと、




IMG_7456.jpg
これ。

下手でも自分の描いた絵は好き♪というポジティブ人間なので
どちらの絵でもOK!




ところで、パステル画を写真に撮るってとても難かしいんです。

たとえば
IMG_7375.jpg
と、




IMG_7376.jpg

実物は下のボンヤリした色です。
ソフトパステルでは上の写真のようにクッキリハッキリとは描きにくい。
でも、写真では光の影響をとても受けてしまってこうなるんです。
カメラの設定をいろいろ試すとともに被写体の絵の置き場所にも工夫しています。
そういえば昔の美術書なんてヒドイものでしたねぇ。
昔だから無理もなかったんですね。
「ヒドイ」と思ったことをここで謝りますよ。
苦労は自分もしてみなきゃわかんない。。。




もう1枚は先生に「上手く描けてる」と褒めていただいた
暗いチャコールグレイの画用紙に逆光の位置で描いたチューリップ。
IMG_7461.jpg
光の射す方向に明るい紫色を足してみました。

パステル画は白いパステルを使うほど、写真に撮りにくいようです。
白い花を撮る時もそうですけどね。

絵も上手になりたいし、写真も上手になりたい。
どちらも“picture”なのに、どちらも平面なのに、
違うのよね~。





物忘れ [日々のこと]

我ながらイヤになってしまう。。。
すっかり忘れておりました。
自分が“猫の腕まくり”というブログの管理人だということを・・・。


な~んちゃって、白々しい言い訳。




image-20170202203521.png


物忘れが進んでも写真が残っていれば少しは救われることもある。
というわけで、写真は1月2日の三日月と左側に金星。
iPhoneで撮ったので遠い遠い!


空がまだ青い時間の白々しい月は自分を見ているようで
親しみを感じます。


IMG_7292.jpg
帰宅してから300mm手持ちで撮った同じ月と金星。




IMG_7302.jpg
上の写真をトリミング
三日月は細くて撮りにくいのになんと手持ち。
私の写真は所詮記録…。否、メモのようなものなのサ。



ちなみに1ヶ月後の今日2月2日のお月様は5.1齡で、
夕焼けと青空に浮かぶ月のコラボがとても美しかったのですが
あいにくと雲に隠されてしまって撮れませんでした。






この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。