So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
前の10件 | -

庭のグミの木 [花]


IMG_0364.jpg


この庭の女主人は変わり者だ。
グミのような木を狭い庭に植えたりするか?
樹形は悪いし秋には大量の落ち葉、
その後、春まで裸木。(寒ッ)

女主人はその寒い枝に果物などを刺し、小鳥を呼ぶ。

初夏は赤い実とヒヨドリ。
夏は緑の葉が茂り小さな木陰を作る。
秋は落ち葉と闘い、冬は小鳥を待つ。

そして春。
芽吹きと共に白い花が咲く。
今は白い花の季節。

グミの木も意外と楽しいじゃないか。







nice!(2)  コメント(0) 

オランダミミナグサ [花]


雑草中の雑草とでも言いましょうか、しかも外来帰化植物。
オランダミミナグサ(=オランダ耳菜草)という草は
私がまだ見たことがない在来種の耳菜草(=ネズミの耳のように小さい葉を持つ草)
に似ていてこの名が付けられたのでしょう。

そんな名前の草は聞いたことがない?
植物図鑑の写真を見ても実物が見つけられない?
そうでしょうね。野山はもちろん街中のブロックの隙間にだって生えているのですが
トゲがあるわけでもなく、たいして征服欲も無いらしく、
その繁殖が話題になることがないからでしょう。

地味~に目立たず…。
そんな子が堪らなく愛おしい猫でございます。



じゃあ写真を撮ってあげるね。
良いお顔をしてぇ・・・・・パシャッ!




IMG_0285.jpg


小さく小さく、お日様の光りに促されて
やっと開いた花を見つけて撮りました。







nice!(1)  コメント(0) 

小雨決行! [花]


花に嵐は付きものとは言え長い冬の間待ちに待った桜が
あっという間に咲いて散ってしまうのは寂しすぎる。。。

今年の桜に未練たらたらの猫は遅咲きの八重桜を見に
小野市の“桜づつみ”へ4月14日に行ってきました。

天気予報によると雨が近づいているとかで
「青い空も写し込みたい」なんて贅沢は言っておられません。
小雨決行!




IMG_0348.jpg





IMG_0306.jpg





IMG_0296.jpg





IMG_0315.jpg





IMG_0323.jpg





IMG_0328.jpg





IMG_0331.jpg





IMG_0337.jpg





IMG_0311.jpg





IMG_0314.jpg
ツツジ





IMG_0350.jpg



一重の桜がひらひらと風と戯れるのと違って
八重桜は重くてぼてぼてと垂れ下がって揺れています。
狙いをつけてシャッターを押すと同時に
被写体の花はファインダーから消えてしまっていたりして・・・。

遅咲きの八重の桜は春を迎える花と言うより
春の盛りを楽しむ花のような気がします。







nice!(1)  コメント(0) 

順番にヨロシク [花]

 
IMG_0168.jpg





IMG_0186.jpg
ナズナ(=ぺんぺん草)





IMG_0182.jpg
見上げる桜は3分咲き(3月28日撮)





IMG_0184.jpg
田んぼの隅っこに懐かしいレンゲ草






IMG_0192.jpg
オオイヌノフグリ






IMG_0193.jpg
コハコベの赤紫の雄シベが可愛いので
写真を大きくしました。





IMG_0194.jpg
葉っぱのもふもふの毛も可愛い。
要はなんだって可愛いのだ。




日本列島であらゆる花が一斉に咲き出した感の今年の春。
5月並みの暑さの中のお花見なんてボクはイヤだ!
順番に咲く花を待つ楽しみを奪わないで欲しい。

乱れ咲く花々を見ながらなんとも虚しい猫でございます。


そんな花の中でほぼ一年中変わらず咲いている
「雑草」と呼ばれている野草たちを淡河城址で撮ってきました。
・・・ん?
私の子供の頃、冬にタンポポの花を見たことがあったっけ?
ああ、あなたたちも温暖化の影響を受けているのね。。。
「ごめんなさい」としか言えない。








nice!(2)  コメント(0) 

梅一輪 [花]


IMG_9907.jpg





IMG_9905.jpg


2月20日の小野市の小さな公園には
開花した梅は一輪だけ。
本当に一輪分だけの暖かさの日。





IMG_9913.jpg

鳥は木の上にシロハラ。



日に日に光が増し、ワクワクしてしまう早春。

みんなみんな早くお外に出ておいで。
猫さんがいいお顔の写真を撮ってあげるってよ。






nice!(2)  コメント(0) 

六甲山に樹氷の花が咲いた [日々のこと]

せっかくの厳しい寒さなので(?)
車で六甲山(山頂931.25m)まで行ってきました。
家に居ても寒すぎるので、もうヤケッパチです。

家の前で外気2°C。
六甲山系へ西の小部峠から入ると森林公園のあたりまでは
積雪がわずかだったのですが


IMG_9803.jpg

六甲山牧場まで来るとしっかり積もっています。




IMG_9804.jpg
車の中は暖かいのでお花見気分。




IMG_9805.jpg
「丁字が辻」は除雪されています。
右折すれば表六甲ドライブウエイ。





IMG_9811.jpg
六甲ロープウエイ山頂駅に駐車しておいて…




IMG_9814.jpg
樹氷です。




IMG_9816.jpg
蔵王のモンスターのような樹氷ではありませんが
繊細で良いですね。




IMG_9822.jpg
松の葉の一本一本に雪が凍りついてる!





IMG_9829.jpg




IMG_9837.jpg

六甲山頂に近づくほどに樹氷が太くなってきます。




IMG_9846.jpg
山頂「一軒茶屋」傍の桜の木です。





IMG_9852.jpg
大阪方面を見下ろしていますが、あちらは雪が降っていて見えないのかな。




IMG_9876.jpg
やはり樹氷が太いですね。






IMG_9886.jpg
ちょっと車を降りて撮っていただけなのに
指先が冷たくてちぎれそうに痛い。
足の先も靴の中でずっと動かしていないと凍傷になるゾ!
(数日後にこの記事を打ち込んでいるのですが、現在シモヤケで痒い)





IMG_9878.jpg
外気は-4.0°C。





IMG_9887.jpg
運転しながら運転手がなぜかタイヤの快適さを自慢します。
「(アンタが自慢することか?)」




IMG_9895.jpg

さすがに自転車には会わなかったけれど、
ハイカーはこの積雪の中でも相変わらず多い。
土曜日だったので子供さんと雪遊びをしているご家族も。
若い人は雪道を走っているし。。。

来て良かった。
元気を貰えたわ。




帰り道、森林植物園からいつもの修法が原へ寄り道をすると、
外気1°C。
池の面は 2/3 ほども氷が張り、鳥の声もほとんど聞こえない。

せっかく来たからには何か撮って帰りたい。





IMG_9901.jpg
風に揺れるヘクソカズラの実を300mmで撮ってやった。

どうだ! 寒そうだろ。







nice!(2)  コメント(0) 

水に自由はあるのか!? [日々のこと]



IMG_9743.jpg

流れる水は気ままなように見えるけど、そうなのかなぁ。

「勢いよく流れ落ちていたはずなのに氷になって固まっちまったよ。。。」
な図がこの写真。

そもそも水に意思なんてないんだから。
変に水をロマンチックに見ないほうがいい。

雲を見上げて「雲に乗って自由に好きなところへ行きたい」
な~んて夢見ちゃいけない。
いつ雨になって落ちてしまうかもしれないもの。
あんな不安定なものはないの!
“雲水”とは行方が定まらないことを言うんだから。
特に主婦は不確かなものがキライなんだ。





上の写真、やはり初撮りは滝行でしょうと
三田の奥の「尼ん滝」で撮ってきました。



IMG_9671.jpg






IMG_9679.jpg






IMG_9696.jpg






IMG_9731.jpg


何度行っても手強い滝だわ。
特に真冬は周りの緑が助けてくれないから
流れと岩だけで画面を構成しなくちゃいけない…。
なんてベテランのようなことは申しません。

小さな滝だから大きく見えるように下からあおって撮らなきゃならないのに
足場は悪いし、凍った落ち葉は滑るし。
特に老いた身体は柔軟さに欠けてギシギシギシギシ・・。
(手強いのはそこかい!?)

渓谷の冷気で涙ポロポロの修行でありました。




それでも水に自由がないと悟ったことは収穫でした。
他のものを羨むことなかれ!








nice!(2)  コメント(0) 

里山公園でドキッ! [花と虫]


IMG_9534.jpg



9月21日のことですが、加東市の「やしろの森公園」へ行ってきました。

今夏はトンボとの出会いが少なかったので
「トンボさん、まだいるかな?」といった感じで
花には期待がなかったのですが、



IMG_9432.jpg
公園に入ってすぐの所のススキの根方をかき分けると…
なんと、ナンバンギセル!

数年前に期待して来た時には咲いていなくて
「ここにはナンバンギセルは咲かないんだ」と思っていたのですが
花期の短い花との出会いはまさに一期一会。




IMG_9444.jpg
柿の葉の紅葉が始まっていたので、ファインダーを覗きながら
良いフレーミングを探していたら…


IMG_9438.jpg
カマキリと目が合いました。
ドキッ!

この子、キチンと撮れているのですが、トリミングすると
今にも飛びかかってきそうな迫力があって怖いんですよ。
大きくするのはやめておきましょうね。




IMG_9448.jpg
マルバハギの花穂がしなっています。



IMG_9447.jpg
引っ張っているのは細い蜘蛛の糸。




IMG_9454.jpg
ヒメジョオン・イヌタデ・ヨモギ




IMG_9457.jpg
ひょうきんに二段がさねに咲いたツユクサ。




IMG_9458.jpg
サワヒヨドリにピントを合わせていたら
ツマグロヒョウモン(雌)が来て止まってくれました。




IMG_9464.jpg
アカバナ




IMG_9466.jpg
ミゾソバ
こんなに開いているミゾソバは少ないのでうれしい。




IMG_9487 (2).jpg
ハグロトンボ
遠かったのでトリミングしましたが、
キッチリとこちらを見ています。
これは胴の色が鮮やかな雄です。(雌は黒)



IMG_9489 (2).jpg
上と同じ個体ですが光の当たり方で胴の色が違って見えます。




IMG_9492.jpg
シラヤマギクかな?
夢見る乙女風に撮りました。



IMG_9493.jpg
同じ乙女の違う顔も…。




IMG_9501.jpg
アオジソにキンケハラナガツチバチ(金毛腹長土蜂)



IMG_9501 (2).jpg
上をトリミング
胴の長い蜂ですね。親しみを覚えます。




IMG_9506.jpg
ヨモギの花を撮ろうとしたら、涙目のツチイナゴ。




IMG_9508.jpg
キツネノマゴ




IMG_9515.jpg
公園の母屋と近くに保育園の子たち。
ここは子供たちに体験学習をさせるのが主目的の里山公園のようです。




IMG_9527.jpg
コツブキンエノコロ




IMG_9530.jpg
藪の中にヤブマメ。




IMG_9536.jpg
エノコログサの上にセスジツユムシが乗っているのかな?




IMG_9541.jpg
反対側に回ってよく見ると草食系カメムシでした。
カメムシがエノコログサの実を食べているのをよく見ますが
改良されて粟になったエノコログサは美味しいのでしょうね。
私も粟餅好きです。




IMG_9533.jpg
来春に咲くコブシの花芽がもう今から出てるんですね。
暖かそうな毛に包まれた芽ですが、なぜこんなに早くから準備されているんでしょう。
私なんて朝夕の気温が急に低くなって
衣類をバタバタと引っ張り出しているっていうのに。。。








nice!(2)  コメント(2) 

フサフサしたい [日々のこと]


新聞の読者の投稿欄に
抗がん剤治療での脱毛の話が載っていました。
私もそうでしたが女性はがんだと告知された時よりも
治療によってバサバサと抜ける自分の髪を見たときの
ショックのほうが大きい。。。
投稿の方はその後ウイッグを着けて
明るく充実した生活を送っていらっしゃるそうで、
「よかったですね」と心の中で喜びました。

若い方が重い病を得ることは気の毒で胸がつまりそうになりますが、
余世を楽しむだけの年齢になってからでは
「これからせっかく遊ぼうと思ってたのに~。残念!」
それだけです。

余世=余った生なので、寿命はいつ尽きてもしかたがないと
あきらめがつきますが、薄毛の現実は辛い。
「シャンプー後の乾きが早いでしょう?」
そんなのなんの慰めにもならないわよぅ。





IMG_9408.jpg
9月6日の酒米の山田錦はまだ黄金色になっていません。

この写真のド真ん中!
グッと寄りますよ~。


IMG_9408 (2).jpg
ヒラタアブが花粉を食べています。
花粉ってとても栄養価が高いんですって。




IMG_9422.jpg
オオニシキソウの花と実の盛り合わせの中でも
小さな虫が花粉をムシャムシャ。









nice!(1)  コメント(2) 

私も頑張ろう! [日々のこと]


IMG_9399.jpg
クズ




IMG_9361.jpg
エノコログサ・キンエノコロ・メヒシバ




最近、絵を描くことに熱心です。
描けば描くほど自分の下手さに気付くようになり
自虐とは言え過去に自作をここにアップしていたことに
今更ながら赤面です。



IMG_9385.jpg
サルトリイバラの葉の上にニホンアマガエル。




上の写真のアングルがつまらないので
手を伸ばしてちょっと葉を動かすと…

IMG_9386.jpg
逃げて行きました。

そりゃ逃げるわ。



小野道風という人が、蛙が高い所の柳の葉に飛びつこうと
何度も何度もジャンプしているのを見て なんたらかんたら…
という逸話から、「私もがんばろう!」という意味で
今日はカエルの写真にしました。


※ 小野道風って“花札”で傘をさしてる人ですよ。






nice!(3)  コメント(2) 
前の10件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。